東京には利用しやすい会議室がたくさんあり、利便性の高さやサービスの充実度も抜群です。しかし研修や講習会場として利用するための少人数のセミナールームは数がありすぎてどこがいいのか決めにくいというデメリットが同時に生じます。講演会やギャラリーなどアットホームで参加者が限定されるようなイベントは小さいセミナールームのほうが便利ですし、東京都内や神奈川、県外からの参加者も迷わずに到着できるようなわかりやすい場所であることも必要になります。ヨガやフィットネスなどに利用する場合には研修所やホテルといった環境ではなく、明るく親しみやすい場所のほうが便利ですし、使いやすくなります。またプロジェクターなどのレンタルが有料か無料かによって値段の比較がしづらくなるというデメリットも指摘できます。

カフェが経営しているギャラリーを使ってみる

東京ではギャラリーや貸会議室を運営している事業者がカフェを併設していたり、カフェオーナーだったりすることがあります。お店にフリースペースを設置してイベント会場ができるようにレイアウトしていたり、カフェから美味しい珈琲をドリンクとしてサービスしてもらえるなどイベントだけを楽しみにするのではなく、プラスのサービスが期待でき、集客性にも貢献します。少人数限定でイベントを主催するときにはお客様と講演者との距離が近いことが重要になります。その点カフェオーナーが経営しているようなアットホームな空間ではリラックスできますし、利用者限定で安全性にもイベント環境設備にも専用に対応できます。セミナールームに限定することなく、スペースを利用するという考え方から探してみるのもおすすめです。

美容、スポーツで利用するなら対応可能な会議室を

美容やスポーツで少人数をほぼマンツーマンで指導する場合に使うセミナールームであれば、室内に鏡がある、床がリノリウムやフローリングであるなど様々な条件が必要になってきますが、小さめの会議室を運営している会社を利用すれば、駅から近く、インテリアにこだわるなど親しみやすい環境づくりをしています。椅子がグリーン、設備がオレンジなど明るくてポップな環境になっており、わくわくしながら時間を過ごすことができます。ラウンジスタイルで利用できる会議室もありますから、全員が目を見合わせながら意見を交わすのに最適です。デザイン会社がプロデュースしている会議室を検索すると洗練された空間がたくさんヒットしますし、面接や発表会、ワークショップやセミナーを開催するのにあたって、主催者のセンスやこだわりをアピールする効果も生まれます。